ハリネズミでもわかる「ダスティング」と「ガットローディング」!

ハリネズミ飼育者の多くが活餌をハリネズミに与えていることと思います。

活餌を与えると機敏な反応を見せてくれますし、美味しそうに食べるから見てて楽しく、その姿を見るために活餌を与えている人も多いようです。

メリットしかなさそうな活餌ですが、実は栄養価が偏っているという問題があります。

 

そこで知っておきたいのが「ダスティング」と「ガットローディング」です。

今回はこの2つについて解説していきます。

「ダスティング」と「ガットローディング」

夜露

ハリネズミに与える活餌に栄養をつけさせると良いと聞いたのですが、本当ですか?
本当よ。特にミルワームは脂肪分に栄養価が偏っているから、自分で育てて栄養価をアップさせることでバランスの良い活餌にする人が多いわね。いわゆるガットローディングよ

エリーナ

夜露

ガットローディング・・・。初めて聞きました
爬虫類を飼育している人は知っていることも多いけど、他のペット飼育者はあまり聞かない言葉だものね

エリーナ

夜露

爬虫類は昆虫が主食ですもんね。栄養バランスを整えるのが必須なんですね
そういうことよ。ついでに教えておくとダスティングというものもあるわよ

エリーナ

夜露

ダスティング・・・。これも初めて聞きました
ダスティングは栄養剤を活餌に塗して、活餌の栄養価を補強する方法よ

エリーナ

夜露

色々あるんですね!知らないことばかりなので詳しく知りたいです

「ダスティング」

ダスティングは活餌に栄養剤を振りかけて栄養価を補強する方法です。

ミルワームに限ったことではありませんが、活餌は栄養価が偏っていることが多いです。

そこでビタミンなどの栄養素を後から足して補ってあげる方法がダスティングです。

 

やり方は色々ありますが、袋や瓶に活餌を入れてそこに栄養剤を振りかけ、シェイクする方法が最も簡単で一般的です。

ミルワームはもちろん、コオロギやローチと呼ばれるゴキブリにも使えます。

生きている昆虫だけでなく、生タイプや乾燥タイプでもできます。

 

「ガットローディング」

ガットローディングは活餌に栄養価の高い餌を与えて飼育することで、活餌自体の栄養価を高めてしまうという方法です。

高い栄養剤を購入しなくて良いというのがメリットです。

活餌をキープするために育てるなら、餌を栄養価の高い物に変えるだけだから手軽です。

 

やり方としては、活餌を育てる時に栄養価の高い餌を与えるだけです。

活餌が高栄養の餌を食べて育ち、栄養が活餌の体内に蓄積され、最終的にハリネズミがそれを食べることでハリネズミに栄養が運ばれます。

活餌を毎回購入するのではなく、育ててキープしたい人にお勧めの方法です。

 

なぜ「ダスティング」や「ガットローディング」が必要?

夜露

ダスティングやガットローディングが活餌の偏った栄養を整えるために必要なのはわかりましたが、なぜそれが必要なのかはわかりません・・・。活餌を与える量を少なくして、バランスの良い専用フードをたっぷり与えれば十分なのでは・・・?
確かにその通りよ。爬虫類にとって活餌はメインフードだけど、ハリネズミにとってはおやつに過ぎないもの。最悪、与えなくても問題もないしね

エリーナ

夜露

それならなぜダスティングやガットローディングをする人がいるのでしょうか。
それじゃあ、次は手間のかかるダスティングやガットローディングをする人がなぜいるのか、それを説明していくわね

エリーナ

何度も言っているように活餌の栄養価はかなり偏っています。

そのため、そのままたくさん与えると健康上の問題が出てきます。

たくさん与えなくても、どうせ与えるなら栄養価を整えた方がハリネズミの健康に良いことに違いはありません。

特に、骨を丈夫にするためにカルシウムを増やしたり、体調を整えるためにビタミンを増やしたり、活餌を健康状態を保つためのアイテムとして活用する人がいるといのが、ダスティングなどをする人がいる1つ目の理由です。

 

活餌は買ってきたばかりの時は極貧状態です。

そのため、少し自宅で育ててから与える方が様々な点でメリットがあります。

どうせ育てるなら餌を高栄養のものに変えるだけのガットローディングをしてしまおうという人がある程度いるのが2つ目の理由です。。

 

クル病を予防する目的で活餌にダスティングやガットローディングをする人もいます。

クル病って何?
クル病はカルシウム不足により骨が柔らかくなり、曲がってしまう病気のことです。

クル病になると歩行障害が発生し、最終的には動けなくなります。

心は元気なのに体は動かないという最悪の状態になってしまう恐ろしい病気なので、是が非でも回避したい病気の一つです

 

活餌にはリンが多く含有されていますが、これがカルシウムの吸収を阻害します。

カルシウムの吸収が阻害されるとクル病の発症率が上がります。

それを防ぐために、カルシウムを活餌にたっぷり振りかけて(ダスティングして)阻害される分を取り戻そうとする試みです。

 

まとめ

ダスティングとガットローディングの解説、それらをする理由の説明は以上です。

ハリネズミを飼育する上で必須の知識や技術ではありませんが、知っていて損はないので気になった人は覚えておいても良いかもしれません。

この知識は今後爬虫類を飼った時にも役立ちます。

 

夜露

活餌って本当に奥が深いですね
ハリネズミを育てるために活餌を育てる必要があるってもう意味がわからないけどね・・・

エリーナ

夜露

爬虫類を飼育している人はこれを当たり前にしているのかと思うと少し尊敬します
爬虫類はハリネズミ以上にマイナーだものね・・・。まだまだ餌の開発も進んでいないから、飼うには様々な知識や技術を身につける必要があるのよ

エリーナ

夜露

ハリネズミを飼う私たちも、爬虫類のために一生懸命勉強する方々に負けないように、もっと勉強をしなければならないですね!