ハリネズミケージの清掃頻度は?

飼育ケージの清掃頻度をどうするか悩む人、多いのではないでしょうか。

頻繁にするとハリネズミにストレスをかけますし、飼い主も手間がかかり大変です。

逆に少なすぎれば不衛生な環境になりますし、飼い主にとっても臭いなどが不快です。

 

清掃頻度を誤ればハリネズミ、飼い主双方に不満が溜まります。

そこで今回は適切な清掃頻度についてお話します。

飼育用品別お勧めの清掃頻度

夜露

飼育用品って意外にたくさんありますよね
「ケージ」「ホイール」「餌皿」「水皿」「ハウス」・・・。確かに多いわね

エリーナ

夜露

これってバラバラのタイミングで掃除して良いのでしょうか?一気にするのは大変ですが、一気にしないと何度もハリネズミにストレスをかけてしまうのではないかと心配で・・・
基本的にはバラバラの方が良いわよ。何度もケージ内を触られるのは確かにストレスになると思うけど、一気に掃除すると匂いが消えちゃうから、これもまたストレスになるのよ

エリーナ

夜露

なるほど・・・
それに「ホイール」や「餌皿」は高頻度で、逆に「ケージ」は週に1度以下のペースで掃除すれば十分なのよ。一気に洗うと疲れるしね

エリーナ

夜露

飼育用品ごとに清掃頻度は変えた方が良かったんですね!
そういうこと!今回は飼育用品ごとのお勧め清掃頻度を紹介するから参考にしてみて

エリーナ

飼育ケージの清掃は一気にしてしまえば良いというものではありません。

飼育用品ごとに清掃すべきタイミングがあります。

ホイール

ホイールは毎日清掃が原則です。

清掃といっても、排泄物の回収と拭き取りぐらいで十分です。

それだけ十分衛生的な環境を保てます。

 

最低でも週に1度は丸洗いをするのがお勧めです。

頻繁に出来れば良いのですが、時間も手間もかかりますし、負担軽減のためにも排泄物の回収と拭き取りだけは毎日行い、本体の清掃は3日に1度から週に1度行いましょう。

夏は冬よりも高頻度で水洗いする方が衛生的です。

 

ケージ

ケージの丸洗いは月に1度程度で十分です。

ケージにはハウスを始めとした多くの飼育用品が入っていることもあり、丸洗いするにはかなりの時間と労力が必要になります。

基本的には直接汚れることも少ないですし、汚れが目立っていなければ月に1度程度水洗いするだけでも十分です。

 

底材が藁などの場合は、水分によりケージに底材がこびりつくことがあります。

ペットシーツの場合には溢れたり、側面にへばりついてしまうことがあります。

底材の種類に合わせて清掃頻度や清掃方法を決めると良いです。

 

床材

床材は週に2度半分ずつ交換がお勧めです。

床材はハリネズミの匂いが染みついているものですので、一気にすべてを同時に交換してしまうよりも半分ずつ交換してあげる方がストレスがかかりません。

 

ただし、排泄物の回収は毎日行う必要があります。

床材交換時は汚れているところを積極的に廃棄し、綺麗なところは残すようにすると経済的であり衛生的です。

汚れ具合によっては全て交換の方が良い場合もあります。

ペットシーツ使用の場合は、最低でも週に2度~3度交換してあげるのがお勧めです。

 

餌皿・水皿

餌皿や水皿は毎日清掃してあげる方が良いです。

餌や水を入れ替えるタイミングで清掃してしまいましょう。

 

皿には匂いが残りにくいので、毎日洗ってもハリネズミのストレスにはなりません。

毎日ケージから取り出す物なので、清掃の手間がほとんどかからないですし、綺麗に毎回洗ってあげると良いと思います。

 

餌皿や水皿を食器として扱って、食器用洗剤で洗っている人も多いと思います。

ダメではありませんが、必ず洗剤をよく洗い流すようにしてください。

洗剤の成分は人間にとって無害でも、小動物にとっては有害の場合もあります。

 

ハウス

ハウスは2週間に1度程度の清掃がお勧めです。

ハウスは匂いが染みついた場所ということもあり、ハリネズミにとっては最も安心することができる場所です。

安心できる場所を脅かされたらハリネズミはとてもストレスを感じるんだよ。

そのため、頻繁な清掃は控える方が良いです。

 

一方で、一番長く過ごす場所なので衛生面は気にする必要があります。

そのため、清掃を疎かにすることもできません。

頻繁ではなく、不衛生になるほど放置もしない期間を自分で探ってみると良いです。

 

キャリーケース

キャリーケースは使用後すぐの清掃が基本です。

キャリーケースは頻繁に使う物ではありませんし、排泄物を放置おくと不衛生です。

次に使う時に使いやすいよう綺麗に保っておく方が良いでしょう。

使用後すぐに清掃を行い、清潔に保管しておくと良いです。。

 

まとめ

各飼育用品の清掃頻度は以上のような感じです。

もちろんこれは絶対こうしろということではありません。

これぐらいのペースならハリネズミにも飼い主にも負担がかからないのではないか、というラインを独自に考えた、個人的な意見です。

 

飼育環境やハリネズミの性格、使用している飼育用品などによっても清掃頻度は変わってきますので、一例として受け止めてください。

自分の生活リズムや手間暇、ハリネズミの性格や飼育用品、飼育環境に合わせて自分なりのペースを見つけていくのが一番です。

 

夜露

参考になりました!
今まで一気にしていたようだけど、やっぱり一気にするのは大変だった?

エリーナ

夜露

はい・・・。一気に洗おうと思うとすごく時間がかかりますし、夏は汗だく、冬は水で手が冷えて痛くなりますし・・・
1つや2つの掃除なら負担にならなくても、5つや6つ一気に掃除するのは負担よね

エリーナ

夜露

そうなんですよ・・・。今回のお話を参考に私なりのペースを見つけていきたいと思います