ハリネズミに適切な温度と湿度は?

ハリネズミに適切な温度と湿度は?

ハリネズミにとって温度や湿度が重要なのは知っているかな?

重要とわかっていても、どれぐらいが適切なのか知らない人は多いかもしれないね。

そこで今回はハリネズミにとって快適な温度や湿度について話そうと思うんだ。

温度や湿度のコントロール方法についても教えるね!

 

ハリネズミに適切な温度と湿度

夜露
ハリネズミが夏バテしちゃいました……

 

ハリ子
ハリネズミは日本に生息していない生き物だから、日本の気候には適していないんだ。だから飼育時には温度や湿度を管理してあげようね

 

夜露
もし適切な温度や湿度の管理が出来なかったらどうなるんですか?

 

ハリ子
最悪ハリネズミが死んじゃうよ……。死ななくても体調不良を起こしてしまうこともあるね

 

夜露
うちの子は大丈夫ですかね……

 

ハリ子
夏バテなら室温を少し下げて、栄養価の高い餌をあげれば回復すると思うよ

 

夜露
良かった……。これからはしっかりとエアコン管理します!

 

ハリ子
それじゃあ今回はハリネズミに適切な温度と湿度について話していくね

 

ハリネズミに適切な温度

ハリネズミに最適な温度は25度前後だよ。

冬場でも20度、夏場なら30度を超えないようにしてあげるのが基本だね。

20度以下や30度以上になると健康に悪影響を及ぼすし、最悪死んじゃうから注意してね。

 

冷房や暖房で室温が激しく変化するのもダメだよ。

これも体調不良を招いてしまうからね。

春や秋のように気温が変化しやすい季節も注意してあげる必要があるよ。

 

ハリネズミに適切な湿度

ハリネズミに適切な湿度は40%前後だよ。

梅雨なんかは70%を超えちゃうこともあるだろうけど、短時間なら大丈夫だから慌てないでね。

湿度は温度以上に調整が難しいけれど、温度と違って少しぐらい調整に失敗してしまっても問題ないことが多いよ。

出来る限り努力してあげるという気持ちが大事だからね。

 

温度や湿度を守らなかったらどうなる?

温度を守らなかった場合

適切な温度を守らないと大変なことになっちゃうんだ。

ハリネズミは温度が20度を下回ると「冬眠状態」になってしまうよ。

逆に温度が30度を上回ると「夏眠状態」になってしまうんだ。

つまり暑くても寒くてもダメということだよ。

 

もしハリネズミが「冬眠状態」「夏眠状態」になってしまったら、ハリネズミは完全に活動を停止する。

心拍数が大きく低下し、そして多くの場合はそのまま目覚めることなく死んじゃうんだ。

野生のハリネズミは十分な栄養を摂取して、季節に合わせて徐々に体作りを行っていくから「冬眠」「夏眠」をしても大丈夫なんだけど、飼育下のハリネズミはそんな準備できないからほぼ確実に死んでしまうよ。

絶対に「冬眠状態」「夏眠状態」にならないようにしようね。

 

湿度を守らなかった場合

適切な湿度を守らなくてもハリネズミが即死ぬということはないよ。

けれど湿度が適正値から離れるほど、ハリネズミにとって不快な環境になってしまうという事実は変わらない。

体調を崩しやすくなるし、ハリネズミが本来持つ魅力を味わうことも出来ないよ。

 

温度と違ってすぐに命にかかわることはないけれど、湿度も大事な要素だということは知っておくと良いよ。

温度と湿度の両方を適正値にしてあげることが、ハリネズミの健康維持につながるからね。

温度ほどではないけれど、湿度も気にしてあげよう!

 

温度と湿度をコントロールする方法

温度をコントロールする方法

温度コントロールで最も一般的なのは「暖突」と「サーモスタット」を接続する方法だよ。

設定温度以下になると自動的に暖房を起動してケージを暖めてくれる優れものなんだ。

寒冷地を除けば基本的には「暖突」だけで冬を越せるよ。

「暖突」だけでは20度を下回るという時は、「ペットヒーター」や「防寒布」などを利用して保温してあげようね。

 

冬場はこんな風にいくらでも対策を施せるんだけど、夏場の温度対策はかなり難しいよ。

唯一の救いは、温度が低い時のハリネズミはあまり兆候なく死んでしまうんだけど、温度が高い時は夏バテの症状を見せてくれることも多いから、最悪その時に早急に対処すれば頑張って持ち直してくれることも多いんだ。

夏の方が死んでしまう前のワンクッションがあるから、最悪を避けられることが多いよ。

 

夏場の温度コントロールはエアコンを使うしかないね。

外の気温が35度を超える猛暑日なんかは窓を開けたり、扇風機をまわしても温度が30度を超えてしまうんだ。

結局部屋の空気自体を冷やす必要があるからエアコンが必須になるよ。

外の気温が30度程度なら窓を開けたり、扇風機をまわすことで対処できるから、状況を判断して適切な温度コントロールをしてあげてね。

凍らせたペットボトルをケージの周りに数本並べるだけでも、室温を少し下げることが出来るよ。

エアコンを使うほどではないけれど、暑いという時にはこの方法で少し温度を下げてあげると良いね。

 

湿度をコントロールする方法

日本ではあまりないだろうけれど、湿度が低い時は湿度を上げてあげる必要があるよ。

湿度を上げるには部屋でお湯を湧かしたり、「暖突」の前に濡れ布巾を設置したりするのが簡単だよ。

まあ日本は湿度が高い国だし、湿度の低さに悩むことは早々ないと思うけどね。

 

逆に湿度を下げる必要がある場合は多いと思うんだけど、これがなかなか難しいんだよね。

外の湿度が室内の湿度より低い時は空気の入れ替えで調整できるよ。

換気で対応できない時は除湿器を使うしかないね。

結局、エアコンでの温度管理と除湿器での湿度管理が最も効率的なんだよね。

 

まとめ

ハリネズミにとって温度や湿度という要素はとっても大事だよ。

人間も暑いと不快だし寒いと嫌になるけれど、ハリネズミにとっては生死にかかわるほどの問題なんだよね。

それなのにエアコンで空調管理をすれば電気代がかかるから、電気代を気にして空調機器の使用を躊躇する人も多いんだよ。

 

空調機器の使用を躊躇するのであればハリネズミを飼わない方がいいかな……。

もちろん他の手段で温度や湿度の管理が出来るなら良いんだけど、それが出来ないと思うなら飼育しない方がいいよ。

それがハリネズミのため、そして飼い主のためだからね。

 

夜露
温度と湿度は本当に重要なんですね

 

ハリ子
ハリネズミの健康はもちろん、命にもかかわることだからね

 

夜露
夏も冬も安定的に管理するなら、やはりエアコンがベストですか?

 

ハリ子
そうだね。冷暖房の両方が可能で、除湿まで出来るからエアコン最強だよ!

飼育環境カテゴリの最新記事